Queen Of Island(クィーン・オブ・アイランド)

<前半>

<後半>

『Queen Of Island』 by TOSHIHARU
作詞・作曲・編曲 :実川俊晴
1982 キングレコード
2017 クリンクレコード『実川俊晴 ポップソングス 1979-2016』

カリフォルニアと
南大平洋の島々のイメージを
ミックスしちゃいました
冬でもこの曲を聴くと眩しいような
夏の海岸が目の前に広がる….
1980年テレビ朝日「のってシーベンチャー」の
エンディングテーマ曲のひとつでもあります
テレビでは1’30″だったがTOSHIHARUのシングルCDでは長くなりました
 めくるめく 夏の光 浴びて
君は今 片手に もりを持つ
悩ましく 悩ましく 振り向く

She’s a Queen of Island
風に髪をなびかせ
She’s a Queen of Island
誰もかれも かしづく
She’s a Queen of Island
砂と波を 踏みしめ
She’s a Queen of Island
誰もかれも ほほえむ

南風 灼けた肌をすべる
君は今 水平線そのもの
限りなく 限りなく きらめく

(*)She’s a Queen of Island
風に髪をなびかせ
She’s a Queen of Island
誰もかれも かしづく
She’s a Queen of Island
砂と波を 踏みしめ
She’s a Queen of Island
誰もかれも ほほえむ

(*)

 

フルサイズで聴きたいひとは是非CDで↓
2017発売実川俊晴ポップ・ソングス1979-2016に収録

た・け・し

「た・け・し」 by TOSHIHARU
作詞・作曲・編曲:実川俊晴
1982 キングレコード
2017 クリンクレコード『実川俊晴 ポップソングス 1979-2016』

<前半>

<後半>

ふざけてばかりいる「たけし」という恋人に
愛をぶつけている女の子の唄
その後、どうなったか作者にも解りません(^^)
架空の話なのですから
実はモチーフはビートたけしさんです
TV『オレ達ひょうきん族』で流れた時があります
深夜『オールナイトニポン』に飛び入りして歌ってしまった時もあります
「ほんとうのオレとは違うんだけどなあ」と、たけしさんは言っていました

 

 
たけし 胸が焦げるの セツジツ 情けないほど
燃えるこの想いたくさん(You’ll never know)
and Everything 伝えたいけれど
話し出せば いつものパターン
死ぬ気でかけた Telephone(*) Ah いつだって
Ah 的(まと)はずれ
Lonely lonely… Now, I am lonely

たけし 夢の中では 「好きなの」うまく言えるのに
いざ 現実となると (No, no)
見つめることも ままならず
あるふれた Joke ひとつで
話を こわして バカ!バカ!
 

フルサイズで聴きたいひとは是非CDで↓
2017発売実川俊晴ポップ・ソングス1979-2016に収録

うたかたの恋

「うたかたの恋」 by TOSHIHARU
作詞・作曲・編曲:実川俊晴
1982 キングレコード
2017 クリンクレコード『実川俊晴 ポップソングス 1979-2016』

<前半>

<後半>

去り行く夏、過ぎ去りし青春が胸を焦がす….
という感じですかね…
このサウンドが懐かしいと思える人は
40代以上でしょうか…?
コーラスの「Tボーンズ」の意味を知ってる人は
アメリカ映画通で且つハイカラおじぃさんです(笑;)
なお、TボーンズというのはT型フォードのことで
当時の代表的なクルマです。

 

 
されど いとしき うたかたの Guy(ひと) (Woo T-Borns)
いまだ 忘れじ ”Baby baby” she’s crying
好きと 好きと 叫んで
走り去った Tボーンズ
気付かぬ素振りも 二度とは Any more夢路果てなく 閉じるアルバム (Woo T-Borns)
いまだ 忘れじ ”Baby baby” she’s crying

燃える 燃える 夕陽に
胸がゆれたならば
心を あずけりゃ 良かったものを

恋路はかなく 閉じるアルバム (Woo T-Borns)
いまだ 忘れじ ”Baby baby” she’s crying
いまだ 忘れじ ”Baby baby” she’s crying
 

フルサイズで聴きたいひとは是非CDで↓
2017発売実川俊晴ポップ・ソングス1979-2016に収録

Angel 〜夢は1999〜

『Angel 〜夢は1999〜』 by TOSHIHARU
作詞・作曲・編曲 :実川俊晴
1982 キングレコード
2017 クリンクレコード『実川俊晴 ポップソングス 1979-2016』

<前半>

<後半>

当時、森永エンゼルパイのTVCMでかすかに流れていました
残念ながらほとんどの人の記憶にはないでしょう……;;;;
いずれにしても、かなり昔のことです
当時生まれたての我が家の長女をモチーフにした作品
その彼女もいつしか結婚して、2014年子供をもうけました
年月の経つのが速すぎますなぁ…
なにしろ、「1999年」が「未来」という想定なんですから‥‥
 
君きれいだ いじめたいココロ
ほらチョコレート うたたねの Afternoon 夢は 1999 まつげに涙
教えておくれよ 君の好きなひとを

Angel, Angel  大きくなっても
Angel, Angel  負けないで On my mind,ah….

君泣きまね くすぐってやるぞ
ほらこぼれる てのひらの Happiness

そして Many kinds of love 花束かかえ
会わせておくれよ 君の好きなひとを

Angel, Angel  大きくなっても
Angel, Angel  負けないで On my mind,ah….

夢は 1999 まつげに涙
伝えておくれよ 君の好きなひとに

Angel, Angel  大きくなっても
Angel, Angel  負けないで On my mind,ah….

フルサイズで聴きたいひとは是非CDで↓
2017発売実川俊晴ポップ・ソングス1979-2016に収録

ラストソングは I Love You

『ラストソングは I Love You』 by TOSHIHARU
作詞・作曲・編曲 :実川俊晴
1982 キングレコード
2017 クリンクレコード『実川俊晴 ポップソングス 1979-2016』

<前半>

<後半>

ディレクターからの要請で「I Love You」という言葉をフィーチャー。
4ヶ月続けて発売のトップバッターでした それなのに「ラストソング…」というのは
ちょっとしたブラックユーモアだったのですが、歌詞の内容はマジメですね(^^)
ほんとうはもう少し全体がリズミカルなアレンジの予定でした
そしてジョージマイケルとかバリーギブのような唄い方で
録音し始めたらNGを食らいました(笑)
実は唄い方も含めてあまりネチっこいラブソングの
イメージにはしたくなかったのですが
スタッフ達の強い要請でこんな感じになりました…
 
行きかう ひとや クルマの
ざわめきに 街はゆれる
ウィンドーに 写った影は
あのひとの 泪 心を 尋ねないで
風の中

I love you, I love you
ひとりで いるほど
I love you, I love you
あのひとの影が 重なる

涙をごまかしながら
手を振った 自由通り
生まれて 来たことさえも
嬉しかった いつも

小さな やさしささえ 風の中

(*) I love you, I love you
あのひとに届け
I love you, I love you
今でも ひとりになれない

心を 尋ねないで 風の中

(*)
 

フルサイズで聴きたいひとは是非CDで↓
2017発売実川俊晴ポップ・ソングス1979-2016に収録

ヤシの木陰にて

『ヤシの木陰にて』 by TOSHIHARU
作詞・作曲・編曲 :実川俊晴
1982 キングレコード
2017 クリンクレコード『実川俊晴 ポップソングス 1979-2016』

<前半>

<後半>

めちゃくちゃシンプルな作品をと
最初からウクレレを使って作りました
どうやら最近、中高年層にウクレレ回帰があり、
全国にたくさんのサークルが出来ているらしい
 
渚でうかれ ウクレレ
やけに 早起き アロハ
昇る朝陽に ウィンク
今日は あの娘と 波乗りハートうきうき 背中ヒリヒリ
ハートうきうき 背中ヒリヒリ

Good day Summer Good day Summer
(HANAKO SUN…)

ヤシの木陰の おかげで
そっと あの娘に Motion
もしも ふられて フラダンス
笑わないでよ 波乗り

ハートうきうき 背中ヒリヒリ
ハートうきうき 背中ヒリヒリ

Good day Summer Good day Summer
(HANAKO SUN…)

Good day Summer Good day Summer
Good day…..
 

フルサイズで聴きたいひとは是非CDで↓
2017発売実川俊晴ポップ・ソングス1979-2016に収録

あの娘に カナ・シ・バリ

「あの娘に カナ・シ・バリ」 by TOSHIHARU
作詞・作曲・編曲:実川俊晴
1982 キングレコード
2017 クリンクレコード『実川俊晴 ポップソングス 1979-2016』

<前半>

<後半>

『華麗なるギャツビー』、『ダウンタウン物語』、『俺達に明日はない』
『ボルサリーノ』等の画面が浮かんで来ませんか?
アメリカ禁酒法時代をイメージして作りました。

 

 
あの娘 曲者 Pretty eyes
男を だめにする 別れの 涙
ふいに 耳たぶ 「Hold me tight」
抱き寄せてしまう  消えないで 「Tell me why?」
ドアの前で 「Good-night」
あの娘に とことん カナ・シ・バリ
あの娘に とことん mmm ホの字

燃えて 火遊び Sexy lips
追いかけてみたい

消えないで 「Tell me why?」
窓の下で 「Good-night」
あの娘に とことん カナ・シ・バリ
あの娘に とことん mmm ホの字
あの娘に とことん mmm ホの字
ホの字 ホの字
 

フルサイズで聴きたいひとは是非CDで↓
2017発売実川俊晴ポップ・ソングス1979-2016に収録

この夏には

『この夏には』 by TOSHIHARU
作詞・作曲・編曲 :実川俊晴
1982 キングレコード
2017 クリンクレコード『実川俊晴 ポップソングス 1979-2016』

<前半>

<後半>

今年の夏は きっと キミをどこかに
連れて行ってあげるよ…….
この場合の「キミ」「Emily」は
カノジョ、奥さん、娘……ご自由にイメージして下さい……レコーディングはなんと一発でOKでした
アコースティックギターの弾き語り、
この曲は今でもいつでも弾き語り出来ますが、
ライブ等は全く予定しておりません、悪しからず

なお、この曲はもともと前前年(1980)テレビ朝日「のってシーベンチャー」の
エンディングテーマ用に書き下ろした作品です

 
暮れなずむ 港
キラメく 船の灯が
キミの眼に mmm.. Rainbow eyesかすかなる 鐘の音
チャペルの 夢を見る
夢を見る Emily , in my eyes

mmm
この 夏には 二人で
promise, promise…

汐風に 誘われ
ホテルの カーテンを
開ける時 Emily , lovely face

mmm
この 夏には どこかへ
promise, promise…
lu lu lu lu …….
 

フルサイズで聴きたいひとは是非CDで↓
2017発売実川俊晴ポップ・ソングス1979-2016に収録