アンニュイ

<前半>

『アンニュイ』
by 実川俊  1979シングル
作詞作曲:実川俊晴 編曲:エジソン

70年代のフランスのシンガーの
ミッシェル・ポレナレフを少し意識しました
残念ながらもう僕は現在(2017~8年)こんな綺麗な
ファルセットは出ません(汗;).
オルガン演奏とアレンジはエジソン(作曲編曲家)によるものです
間奏でStudioMusicianのベーシストが自発的に使った
エフェクターがココチ良すぎてスタジオで寝ちゃいました
ヒュルルル ヒュル 蛇使い
邪悪な 手招き メロディ
ああ からだが 動かない
アンニュイ アンニュイ

ウラララ ウラ  夢 たべて  
こころの時計を はずす
ああ マドモアゼル 昼下がり
 
 カフェオレ それは 幻さ
 暦が昨日のままだから
 白いブーケ それは 幻さ
 娼婦になった 君ゆえに
 woo hoo hu hoo woo

ヒソソソ ヒソ 雨しずく
催眠術使の言葉
ああ まぶたが溶けるよう
アンニュイ アンニュイ

ミシシシ ミシ悪魔たち
抱かれてまどろみながら
ああ マドモアゼル 涙する

クロワッサン・・・それは 幻さ
暦が昨日のままだから
白いブーケ・・・それは 幻さ
娼婦になった君ゆえに

フルサイズで聴きたいひとは是非CDで↓
「実川俊晴ポッスソングス1979-2016」に収録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です