暗殺研究所

<前半>

『暗殺研究所』
by 実川俊  1979シングル
作詞作曲編曲:実川俊晴

恐ろしいタイトル、よくこんなタイトルなのにレコード化が
OKになったもんです。
歌詞の内容をチェックすれば、非現実的でむしろ漫画チックな
面白さがあると判断してもらえると思います。
ただ、意味の分からないコーラスや言葉の部分が…
判りますか? 「1564…」は「ひとごろし」
「erayouchia」は逆回転で聴くと「あいつをやれ」になります
なお、間奏のハーモニカ演奏は僕です
見知らぬ男と ホテルに入る
あの娘を見かけて すべてを悟った
愛が恨みに 変わった その瞬間(とき)
後ろで誰かが 囁くのだった
ハートフルな声で

 頼りになる暗殺研究所
 あなたのAgent 暗殺研究所
 1564000

翔(と)ばせてくれない 男と寝ても
大事な季節が 無駄になるばかり
初めて殺意を 抱いたその瞬間
後ろで誰かが 囁くのだった
ハートフルな声で

 (*)頼りになる暗殺研究所
    あなたのAgent 暗殺研究所
    1564000
“erayouchia”…yah-yah-yah
“erayouchia”…yah-yah-yah

フルサイズで聴きたいひとは是非CDで↓
「実川俊晴ポッスソングス1979-2016」に収録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です