夜汽車

<前半>

<後半>

『夜汽車』by Maggie May(マギー・メイ)
作詞:太田明 作曲:実川俊晴  編曲:マギー・メイ&ミッキー吉野

1974年 ポリドールより発売 アルバム


「帰り道」に引き続いてマロ岡崎のヴォーカルがフィーチャー(歌い出しサビ)された
Aメロはディノ古田が担当
当時アルバムのプロデューサー太田明から強引に歌詞を押し付けられてしまった(汗;)
別に悪い詩ではないが、マギーメイのメンバー全員、彼とは二度と会いたくないと思っている…….(謎)
たまたまライブステージではほとんど演奏しなかったのでLPを買った人以外にはあまり知られていない曲

夜汽車に 乗って帰ろう
ふるさとの駅は 遠のく
悲しみのわけも 話せず

幼い頃に 家を出たよ
この街に 憧れて
あなたと出会い 愛におぼれ   
幸せは あふれてた

 おふくろの 姿思えば
 ふるさとの 緑はるかに
 悲しみの わけも話せず

いく年か過ぎ 寒い今日の日
この街を 捨てて行く
若い二人に お金は涙
誰のせいでも ないさ
 

フルサイズで聴きたいひとは是非CDで↓
12時のむこうに~アンソロジー1969-1975(実川俊晴アーカイブコレクション第1弾)に収録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です