20 Million Birthday

↑便宜上ブログを利用しているため日付は何ら関係ありません

「20 Million Birthday」
作詞・作曲・編曲・唄 : 実川俊晴

ShortTrack:S1933(2019年の第13作目)が曲として完成

タイトルの「Birthday」を複数形にするべきか迷ったのだけど
どっちにしても「20 Million Birthaday(s)」なんてフレーズは
海外の人には変な英語かもしれない(汗;)

2000万人の誕生日なのか、
2000万の誕生日なのか
え〜い、そんな細かい事どうでも良いわぃ!
Please forgive this one Japanese musician who is not good at English!

というわけで
曲の中身がやっとフルサイズが完成した!

ホームページの『チラ耳ステーション』のほうは
撤去する予定だったのだけれど
しばらくは残して置きます

しかし、この曲は実は
今までで最も歌の録音に手間取った曲になりました
若い頃には問題なかった高さが
思うように出せなくて、何度も何度もやり直し
しまいにはもう無理ってんで
デジタル編集で音程やらタイミングなどを何箇所か修正

後半、転調して半音高くなってます
そんなこと最初は考えもしなかった(汗;)
ついつい調子に乗ってしまって…

その時点でスタートキーを半音下げて作り直せば良かったのだけど
既に2コーラスの歌を録音してしまっていたし
すべてのトラックのキーを変えるなんて…ああ

後戻りするか、このまま玉砕覚悟で前に進むべきか

僕は自虐趣味なんだろうかねぇ
メチャクチャ辛い領域(高い音が出ない;焦;)に突撃してしまったのであった
もう、変な声でも構わない、進め〜ってなもんで(笑;)

いやはや疲れました〜
録音でくたびれて、編集でくたびれて
ひとつの曲の完成までには
いろいろあるんでございますよ〜(汗;)

しかるに、当然、この曲は生では歌えない曲です
フルサイズを通しで(たとえ1コーラスでもね)生で歌うなんて
無理です(死にます;;笑;絶対音としてはそんなに高い音では無いけれど、歳には勝てん)

けれど、まぁ、
どうせデスクトップで作り込んだポップスサウンドが『売り』なので
取り敢えず、グダグダ言い訳は最初から聞かなかったことにして
皆々様!この曲を無心で楽しんで下され(笑;)

さて新型コロナで世界の人口が少し減ったかもしれないと思いきや
相変わらず人口は増え続けているようです
80億人になるのは目の前(汗;)
今日、誕生日を迎えてるひと、そこのあなた
ハッピー・バースデー!

ざっと計算して地球上に2000万人のひとが
本日の誕生日を祝ってる、おっと祝えてるかどうか分からないけれど
歳の差はあれど同じ誕生日のひとが大勢いるのは確かです

20 Million Birthday

おめでとう Twenty Million People
2000万の Every Happy Birthday
街ですれ違った 見知らぬ人の中に
今日が誕生日のひと どのくらいいるかなんて
考えたことありますか?
何だか不思議な気持ちになるでしょ
Hey, Hey そこの兄弟

踊ろうよ Twenty Million People
歌おうよ Every Happy Birthday
地球の人口は 80億にせまる
今日が誕生日のひと どのくらいいるかなんて
計算したら驚いた!
出会ったみんなにピースをしたくなる
Hey, Hey そこの兄弟

おめでとう Twenty Million People
2000万の Every Happy Birthday

おめでとう、おめでとう

おめでとう Twenty Million People
2000万の Every Happy Birthday
街ですれ違った 見知らぬ人の中に
今日が誕生日のひと どのくらいいるかなんて
考えたことありますか?
何だか不思議な気持ちになるでしょ
Hey, Hey そこの兄弟
Hey, Hey そこの兄弟