ペテン師の涙

便宜上WPブログを利用しているため日付↑は何ら関係ありません

ペテン師の涙』  by  実川俊晴
作詞・作曲・唄:実川俊晴
1978-1979作 デモ(DATテープ)
ギターはシンセギターのギター音のみ使用
単音シンセは別の普通のシンセ(何だったか記憶せず)を使用
ドラムボックスは小さくてシンプルなものだったと思う
ギターシンセをMIDIでドラムボックスと同期させていない!
それぞれデッキの違うトラックに録音していた
今から見ると全時代の超アナログ方式だ(汗;)

それにしても『ペテン師』という言葉は
歌詞として、おまけにタイトルとして使うには
強過ぎるかと、替わりのワード・世界を模索した。
さらに全体的にテクノポップス的な味付けをすれば
言葉として生きると思っていたのだが
いつの間にか忘れていて放置

この度、掘り起こしてきて改めて聞いてみると
これはこれで構わないような気がして来たので
公開に踏み切った
単なるマイナーキーの歌謡ポップスと思われたら、
身から出たサビですね(笑;)

なぜか残存紙資料では、「涙が」と記されているのだが、
歌っているのは「涙は」になっている。
どちらにしたかったのか記憶に無いので両方表記した

赤い唇 マシンガン 言葉巧みなワタシ
夜の扉を 開けて ちょいとあなたを からかう
被る仮面は Lonely Girl みんな分かっていても
爪を隠して 乾杯 それもひとつの愛かも

We are ペテン師
We are ペテン師
We are ペテン師
鏡に涙が(は) 映らない

期待させたり したり 素性隠せば色気
わざと勝負を決めず 二人夜明けの Car Chase
芝居上手じゃなけりゃ 街のルールに背く
別れ間際のキスは あなた危険な吐息

We are ペテン師
We are ペテン師
We are ペテン師
鏡に涙が(は) 映らない

Don’t you know 破れたHeart 虚ろなEyes
それでもCool 別れてCool Bye-bye Bye-by

We are ペテン師
We are ペテン師
We are ペテン師
鏡に涙が(は) 映らない