Never Monday

便宜上WPブログを利用しているため日付↑は何ら関係ありません

前半

Never Monday 』by 実川俊晴
作詞・作曲:編曲:実川俊晴

1978年作 デモ(カセットテープ)
シンセやらエレピやらコーラスなどかなり適当に
パンチイン・パンチアウトをしていて
スイッチノイズが沢山あるが、「デモ」なので許してほしい。
けれど、そんなことより肝心の作品そのもの、
特に歌詞が自分で納得がいかず、ボツにした曲。

南欧を舞台という設定を辞めるべきか悩んだが、
なかなか新しい歌詞が出来ずそれっきり。

自らボツにするのは、歌詞が不満足の場合が多いけれど、
この曲はAメロが気に入っている反面、
Bメロ以降のメロもイマイチ気に入らず、
全体のキーも高くして、ガラッと作り変えようかと
思案してるうちに数十年;;
どうやら死ぬまでに実行できそうも無い(汗;)
お蔵に入ったままじゃ、音楽の神様に申し訳ないと公開。

青い海 白い街 いつかしら 恋心
静かに 暮れゆく 優しき クレタ島
夕焼けに 焦がされて 教会が 燃えるよう
見えない 力が 私を 引き止める

海を 超えて来た 私だから
そんなに 愛さないで 明日は Never Monday

愛しさに 震えても 気がつけば エトランゼ
揺らめく 心を 悟ってよ 地中海
あどけない 子供らの 石蹴りが 終わる頃
どこかで 鐘の音 思わず 抱(いだ)き合う

遠い国へ 帰る 私だから
そんなに 愛さないで 明日は Never Monday
そんなに 愛さないで 明日は Never Monday
明日は Never Monday